人とロボットとの共生社会の実現へ

ROSシステムインテグレーター

ロボット実装の第一歩

 

私たちはROSを中心にしたシステムインテグレーターとして、貴社がロボット実装に踏み出すお手伝いをいたします。

 
Step by step to the future with your own feet

一歩ずつ自分の足で未来へ

私たちはROS(Robot Operation System)ベースの自走式ドローン(自律走行ロボット)をゼロから開発しました。

ロボット活用のニーズは千差万別で、既存のロボットをそのまま導入するだけでは目的が達成できないことが多くあります。

一方で、貴社独自のロボットを新たに作り上げることも困難です。そのときに当社の自走式ドローンをベースとしたRaaSの活用をご検討ください。

私たちはROSを軸にして人間とロボットが共生、活躍できる未来への一歩をお手伝いします。

 
 
ROS system integration

ROSシステム
インテグレーション

ROSはパッケージ単位で機能を作成し組み合わせることでシステムを柔軟に構築することができます。


パッケージ内のノードはpub/subモデルで疎結合になっており、例えば新しい物体認識ソフトウェアが発表されれば、既存のシステムに容易に適用することができます。ROSロボットは最新の技術成果を容易に享受できるのです。


ROSを利用し既存パッケージを利用することで効率的に開発し、課題解決に注力できます。また、再利用性が高くハードウェアに依存しない開発も可能です。そのため、試行錯誤の多いシステム開発においても長期的ビジョンを持って開発できます。

 
opening_jp.00_02_22_20_72dpi_1920-1080.jpg

ロボット技術を自らの手で

私たちは信号機やエレベータなどの既存のシステムとインテグレーションした実証実験を行っています。

実証実験にあたっては、ハードウェアにおいては環境センサやロボットアーム、屋外走行用に法令に従った装備など、必要な装備の選定、装着、調整を行い、また、ロボットのコントロールに必要な制御・監視ソフトウェアも自ら開発しています。

 
Easy to customize

容易にカスタマイズ可能

私たちの自走式ドローン(自律走行ロボット)は敢えて外装プラスティックを纏っておりません。それは容易にカスタマイズを可能にするためです。


ご要望やデザイナのデザインに応じて廉価にプラスティックの外装をご用意させていただくことも可能です。

 

ROS開発事例

当社が独自開発しているROSベースの自走式ドローンを活用した実証実験などの事例や、取り組んでいる技術要素について紹介します。

「Fetch」によるエレベータ巡回 + 人物検知デモ

 

Fetch robotics社のアーム付き自律走行ロボット「Fetch」がエレベータボタンを操作しビルを巡回する動画です。深層学習による画像認識アルゴリズムYOLOを用いた人物検知も行っています。

その他 ROS開発事例

 
 
独自開発のROSベースの自走式ドローンをRaaS(Robot as a Service)で提供

独自開発のROSベースの自走式ドローンをRaaS(Robot as a Service)で提供

 

国土交通省公式チャンネルに掲載されました。

​※2分26秒からご覧ください。