maru.jpeg

エレベータ連携(総務省IoT実証)

商業施設やオフィスビルの清掃作業、危険なエリア内での作業など、人に代わって日常業務を担う自律走行型ロボットの応用領域は広く、人手不足に対する有効な解決手段として活用の機会が増えてきています。

Cuboid」は、当社が開発した屋内型自走式ドローン(自律走行型ロボット)です。この「Cuboid」を利用し、実際のサービス付き高齢者住宅やオフィスビル内で、エレベータの乗降や複数階にまたがった荷物配達などの実証実験を行いました。

 

2020年1月8日、都内のオフィスビル「日比谷パークフロント」で行われたデモの模様をご紹介します。
 

20200109112214_16-9.jpg

モニタで指示したコマンドは、Wi-Fi通信で「Cuboid」に送られます。

人にぶつかったり危害を加えないように動きはとてもゆっくりです。障害物を検知すれば直ちに停止できるような速度になっています。

また、エレベータの入り口には隙間による段差があるため、運んでいる荷物や「Cuboid」本体に大きな衝撃が加わらないようにするためでもあります。


Cuboid」はエレベータに乗り込むと、エレベータの制御装置と無線通信を行って目的地である2階を指示します。
 

2階に到着したことを制御装置と無線通信を行って確認すると、自律的にエレベータから降り、目的地まで移動します。
走行ルートにいる人を検知すれば、「すみません。通らせてください」と発声します。

20200109114256_16-9.jpg

本件は、総務省が推進するIoTの安心・安全かつ適正な利用環境の構築に関する実証事業「自律走行ロボットエレベーター連携実証事業」の一環として実施しました。

荷物配達の他にも、館内の巡回などへの活用も可能です。
人感センサで人を検知するので高齢者の見守りや、警備などへも応用できます。